関根どうぶつ病院|犬|猫|入院設備|ペットホテル完備|トリミングサロン|東京都東久留米市

関根どうぶつ病院
〒203-0053
東京都東久留米市本町3-8-18
【診療科目】
犬・猫
入院設備・ペットホテル完備・
トリミングサロン
 
お問い合わせ・ご予約は
TEL.042-476-8868
上記へお電話ください
qrcode.png
http://sekinevet.com/
モバイルサイトにアクセス!
 

眼科症例

 

眼科症例 動画

眼科症例 動画
 
シリコンインプラント術後
高眼圧の慢性経過のため強い痛みがありました。
 
眼内にシリコンインプラントをいれたことにより痛みからの解放、
また眼球摘出は行わなかったため外観の変化も抑えることができました。
 
眼球摘出を行わず痛みから解放、眼球の維持ができました♫
 
 

眼科症例についてご案内します。

眼科症例についてご案内します。
フォーム
 
瞬膜腺突出(チェリーアイ) 症例1  
2020-05-24
写真左⇒左眼の赤い部分が瞬膜腺の突出です  
写真中央⇒瞬膜腺の充血、黄色の目やにがみられます 
写真右⇒整復手術14日後 目やにでません
 
再発の多いといわれる犬種ですが、現在も再発見られず経過良好です
 
瞬膜腺突出(チェリーアイ) 症例2  
2020-05-24
写真左⇒赤い部分が瞬膜腺の突出です  
写真右⇒整復手術8日後 
 
トイプードル 現在も再発見られず経過良好です
 
眼瞼内反症  
2019-04-17
 
眼瞼内反症 角膜潰瘍 (チワワ/4ヶ月齢)
 
目がしばしばしているとのことで来院されました。
左の写真⇒上のまぶたが内側に巻き込んだようになり、毛が下に向いてしまっています。
これが目の表面を傷つけて痛い状態です。痛みで目がしっかり開けれません。  
右の写真黄緑の試験液が目の表面についています。毛が当たって、目の表面が傷ついています。
 
治療方法は原因、年齢、状態等によって変わってきます。
 
 
眼瞼内反症 12歳齢 雑種犬 
2019-04-19
 
眼瞼内反症 角膜潰瘍 アレルギー性皮膚炎 
 
写真左⇒初診時 もともとアレルギー皮膚炎があり目の周りが赤く、腫れている状態でした。
目を強くつぶるのでまぶたが内側に向き痛い状態
写真中⇒数日後  動物用コンタクトレンズ青い点が目印)をつけて数日後。
痛みがなくなり目が開くようになりました。また皮膚炎治療良好なため赤みが落ち着いてきました。
写真右⇒治療終了時 目の傷も治り、皮膚炎も落ちつてきたのでコンタクトを外して治療終了です。
 
手術や麻酔も必要なく完治した例です。
動物用コンタクトレンズは角膜の保護目的に使用しています。視力矯正用ではありません。
 
 
 
角膜内皮ジストロフィー
2019-04-09
 
眼の表面が白く濁っています。(黄色丸内)
眼の表面に当たる角膜の内皮細胞に問題が生じています。そのため水分の移動が上手くいかずむくんだ(浮腫)状態になってしまします。ひどくなると潰瘍と言って傷ができてします。
1
 

虹彩色素沈着

虹彩色素沈着

虹彩色素沈着 1歳齢 猫

<<有限会社 関根どうぶつ病院>> 〒203-0053 東京都東久留米市本町3-8-18 TEL:042-476-8868